センスを吸収する意欲と知識がインテリアコーディネータには必要

必要な知識

実際には、インテリアコーディネーターになるための特別な資格などは何も必要ないようだ。しかし、資格そのものがないわけではなく、インテリア産業協会主催というインテリアコーディネーターの資格を管理している所がある。その資格については別のページで紹介しよう。

また、インテリアに対する深い知識を身につけたり、パースの技法なども必要となるので、学校に通って勉強することが必要になるだろう。住宅の構造についても詳しく知っておかなければならないいので独学で知識を身につけることは難しいかもしれない。

インテリアコーディネーターという職業は、天性の素質が必要な、センスのあるなしで左右される職業だと思っていたが、センスがあることよりも、むしろそのセンスを吸収する意欲と必要な知識を身につけているか重要となる。

つまりはその人のインテリアコーディネーターという職業に対してのやる気次第ということになる。これはインテリアコーディネーターに限ったことではないもので、逆を言えば気持ちが強くあれば誰でもインテリアコーディネーターになれるとも言える。ただ、この職業はセンスもやはり要求される職業であるため、特に女性に人気があるようだ。

コーディネートをするのはインテリアだけというわけではなく、人の要望をかなえたりビジネスの関係であったりもするわけなので、社交性も備えておいた方がいいだろう。必要な知識を身につけるためのやる気が唯一の資格なのかも。

必要な知識

インテリアコーディネーターに求められる知識としてどのようなものがあるだろうか?

家具に関することやそれぞれの配置に関する知識などがあるだろうか?そんなインテリアコーディネーター求められる必要な知識を紹介していこう。

インテリア販売の知識

インテリアの販売活動についての知識。

インテリアコーディネーターの立場やポジションを理解し、インテリアの販売活動に必要となるマーケティングの知識や、インテリア販売についてのコンサルティング業務の進め方、販売実務の細かい具体的な知識、また、これらに関連する法律の知識など。

また、これらの知識はインテリアコーディネーター資格試験において、「インテリア商品の販売の基礎知識」の大部分を占めているもの。

インテリア商品の知識

インテリアを構成する要素=インテリアエレメントついての知識。つまり、販売される商品に関しての知識となる。

家具や建具、照明器具、浴室、キッチン、また壁紙や床、壁、天井、カーペットやカーテン、仕上材、塗料といった知識。
 
インテリアコーディネーター資格試験において「インテリア商品と販売の基礎知識」の大部分を占めている最も重要とされる知識。

建築の知識

建築の基本となっている知識。

インテリアコーディネーターの資格試験では、建築構造、施工、建築材料などについてが問われる。建築の基本的な知識とはインテリアコーディネーターにおいて基礎となる知識であり、この建築の知識がないとインテリアの仕事を進めることはとても困難なものとなる。

インテリア計画の知識

インテリアの技術的側面についての知識。

最近のものだとバリアフリー計画などが重視されている。インテリアコーディネーター資格試験では、人間工学や寸法計画などに関することについて問われている。

環境工学の知識

環境についての知識。

私達の生活空間において環境についての知識というのはとても重要なポイントとなる。湿度感覚、湿気や結露、換気、騒音、照明や採光などに関する知識でインテリア計画についての知識とともに、インテリアコーディネーター資格試験においても重視されているもの。

表現技法についての知識

図法や図面の種類、製図記号などについての知識。

インテリアコーディネーター資格試験の2次試験において実践的に試される知識となる。

法律についての知識

インテリアコーディネーター資格試験で建築基準法やインテリア関連の法律知識が問われる。

実際の業務でも、建築士などとの打合せにおいて十分に理解しておく必要がある。

その他、それ以外の知識

インテリアコーディネーターの基礎的な知識として、インテリアの歴史、インテリアについての色彩や造形なども勉強しておく必要がある。

Last update:2016/7/11